安心・安全へのこだわり

委託工場のISO22000の取得について

2009年11月に、食品の安全管理に関する国際規格であるISO22000を取得いたしました。
ISO22000とは、HACCP(ハサップ)とISO9000(品質マネジメントシステムの概念)を併せ持った、食品安全に特化された国際基準です。
取得後も運用面が適切に行われているか、定期審査、更新審査が義務付けられています。

ISO22000を取得している商品

委託工場の品質管理体制(原料)

①選定

安全で、かつ生産履歴が追跡できる原材料を選定することを条件としており、供給元から提出される規格保証書やチェックシートで安全であることを確認し、農薬等(農薬・動物用医薬品・飼料添加物)のポジティブリスト制度に基づいた原材料を使用しております。

②監査

使用するすべての原材料のチェックシートは1回/年で更新し、評価しております。
チェックシートの評価を元に原材料メーカーの監査を行い、衛生管理を強化しております。

委託工場の品質管理体制(生産管理)

①工場内検査

各工程の拭き取り細菌検査・アレルゲン検査、場内に浮遊している細菌の検査を定期的に実施しております。
また水質検査も定期的に実施しております。

②製品検査

製品出荷前に微生物検査(公的基準の一般生菌・大腸菌群に加え、自主検査項目でサルモネラ属菌・黄色ブドウ球菌・腸炎ビブリオ大腸菌・大腸菌等)と官能検査(食味・食感・香り)を実施しております。
細菌検査は外部検査機関のクロスチェックにて、検査員の検査精度管理を行っております。
また、アレルゲン検査も定期的に自主検査しております。

全力フーズ|全国に美味しいと笑顔をお届けします!
タイトルとURLをコピーしました